大人気!御殿場の初日の出スポットは絶景目白押し!

スポンサードリンク





富士山周辺は初日の出スポットとして、とても有名であり、御殿場辺りは中でも群を抜いています。

御殿場周辺の初日の出スポットを探してみる

初日の出前後の大晦日には、基本的に富士山には多くの人が集まります。

車で行く場合には、御殿場口周辺は駐車場が空いている事も多く見受けられます。

車を使わない場合でも、御殿場口駅からバスが出ているので簡単に行ける事もポイントが高いですね。

それにしても、寒い中、御殿場の初日の出スポットを探すのも大変です。

御殿場口から富士山に登って初日の出

ちなみにカーナビを使う場合でしたら、「国立中央青少年交流の家」を目的地に設定しておくと、登山道の直近に到着する事が出来ます。

そこからは幾つかの選択肢が考えられ、まず、富士山の頂上から初日の出を拝みたいという場合には登山道に入る事になります。

御殿場口周辺は基本的に登山道であっても、混雑は少ないのですが、その理由は人気になっている富士宮口よりも標高が1000m程低い1440mスタートになるからです。

頂上を目指すという意味では、そこから2,300mを歩く事になります。

時期的に相当に冷えるという点や、場合によったら山小屋の予約をしておいた方が良いという事もあります。

ただ、他の場所から挑戦するよりは、人の少なさと歩きやすさという面で大きいメリットが見込めます。

富士山からの初日の出

後は、人と遭遇する機会は一定数担保されてはいますが、遭難や高山病の危険等も無いではありませんし、富士山特有の路面問題等も出て来ます。

その意味では「富士山登山」という事でネット検索等をした上で万全の体制を整えた上で無理が無い登山に挑むのが必須となります。

上手く時間内に到着出来たならば、町で見る物とは全く違う美しい初日の出を見る事が出来ます。

大晦日を楽しみながら御殿場で初日の出スポットを待つ

ちなみに、登山に固執しないのであれば、登山口の入口周辺や近隣のアウトレット付近で防寒対策をしっかり固めた上で日の出を待つという作戦もあります。

「滅多に見られない自然の景色」という点を重視するならば、登山途中で見られる大晦日特有の幻想的な夜景等も、初日の出と同じ位に見ごたえがあるのは間違いないです。

ですが、登らない状態であっても日の出を楽しみに集まってくる人の様子であったり、町の賑わいの様子という点では登らないで待っているというのも決して遅れを取りません。

穴場スポットの長尾峠周辺

ちなみに、御殿場周辺から多少離れますが、穴場スポットという点では箱根スカイラインのスタート地点である長尾峠周辺に、的を絞ってみるというのも作戦と言えます。

御殿場周辺が、予想よりも混雑している節がある様な時には、拠点をこちらに移すというのも悪くありません。

日の出が見られる事に重きを置きたい様な時には、おすすめです。

後は、どのルートを辿るにしても必ずトイレと水情報はしっかりチェックしておいて下さい。

トイレ情報は、どこに行くにも必ずチェックしておきましょう。

御殿場の初日の出スポットで、絶景を楽しんで、今年1年を良い年にしていきましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする