明治のいちごミルクが売っているのはどこのコンビニ?

スポンサードリンク





明治のいちごミルクは大手コンビニで

株式会社明治のいちごミルク、もとい「オ・レいちご」や「いちご」を売っているコンビニは、ファミリーマートやセブンイレブンなど、様々な大手コンビニにあります。

ただし店舗によっては置いていなかったり、いちごミルクでも明治の商品ではなく、雪印メグミルクの「いちごオ・レ」しかなかったりする場合もあります。

どうしても欲しい場合は、スーパーマーケットに足を運んだほうがおすすめです。

明治のいちごミルクは3大コンビニチェーンで

とはいえ明治のいちごミルクは、多種多様ないちごオレのなかでも不動の人気を誇る商品で、コンビニでのいちごミルクでは、明治と雪印メグミルクが双璧となっています。

なので、コンビニで絶対に手に入らない心配はありません。

少なくとも全国展開している、ローソンとファミリーマート、セブンイレブンは確実です。

この3つの店舗は「3大コンビニチェーン」と呼ばれているほど店舗数が多く、1万店舗以上にも上ります。

そのため品数は豊富で、定番の商品は、取り揃えてあるものです。

ミニストップやデイリーヤマザキも、全国規模の展開はしているものの、沖縄県や鳥取県など一部の地域での出店はまだなので、ローソンとファミリーマート、セブンイレブンと比べれば、その規模はやはり見劣りしてしまいます。

明治と雪印メグミルクのいちごミルク

ところで、明治と雪印メグミルクのいちごミルク、特に紙パックのタイプがツートップを誇っています。

実は、この商品たちのパッケージのデザインは、よく似ているので間違いやすいです。

どちらも、レトロな苺のイラストがメインとなっており、赤とピンクの色が特徴になっています。

よくよく見れば、ちゃんと会社名が商品名とともに記載してあるものの、何気なく手に取れば、指摘されるまで気づかない恐れがあります。

文字の色と甘さの表記が違うので、そこに注目すれば問題ないです。

ただし、最近はパッケージが一新された模様で、区別がつきにくい問題は払拭されています。

明治のいちごミルクは紙パックタイプ又はボトルタイプ

そうでなくても、紙パックタイプではなく、ボトルタイプもあるため、間違えたくなかったら、そちらを購入する選択肢もあります。

甘さ控えめになっており、朝食に向いているボトルタイプですが、持ち歩きに便利なサイズでもあるため、一息つきたいドリンクにもうってつけです。

ちなみに紙パックタイプの長所は、賞味期限が長い事と常温保存ができる事となります。

そのためストック向けで、毎日飲みたい人におすすめです。

こちらの味わいもすっきりしており、子供から大人まで飲めます。

いずれにしろ、美味しい明治のいちごミルクを手軽なコンビニで買えるのは、嬉しい事ですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする