甘くて美味しいいちごがスーパーに並ぶ時期はいつ?

スポンサードリンク





スーパーマーケットの野菜売り場には、多種多様な果物や根菜、緑黄色野菜が並んでいます。

農業関係者の努力によって、今では一年を通して、安定的に様々なフルーツが並んでおり、お菓子作りの材料が安心して揃えられる時代となりました。

いちごは、スイーツの材料として定番であり、見た目も味も良くて老若男女問わず、愛されるポピュラーなフルーツの一種です。

いちごがスーパーの店頭に並ぶ時期

他のフルーツと同じように、いちごもまた、時期にかかわらずスーパーマーケットの店頭に並ぶ事が多い、果実の代表格となりまました。

いわゆる真夏の時期に関しては、品薄になる傾向がありますが、それ以外のシーズンは安定供給され、価格も庶民的な水準です。

いちごには、様々なブランドの商品があり、大きさや形や風味なども多様化してきました。

同じ果実でも、ブランドや生産地によって味のタイプや最適な用途が変わってきますので、スイーツ作りに利用する際は、ブランドを意識した商品選びを心がけたいところです。

いちごの需要はクリスマスシーズン

いちごの需要が国内で非常に高くなるのは、いわゆるクリスマスシーズンです。

ショートケーキに欠かせない存在であり、人気ケーキ店からの需要はもちろん、料理好きな一般消費者の間でも需要が急上昇します。

いちごをはじめ果物本来の旬は、3月から4月下旬頃なのですが、農家の方々は世間のニーズに応えるため、クリスマスシーズンに合わせてビニルハウスで栽培をします。

その結果、真冬の時期でもスーパーには甘くて美味なケーキ用のいちごが安定供給されます。

春先は旬のいちごが美味しい

春先は、いわゆる通常の栽培方法で育てられた商品が、スーパーの店頭に並ぶ事が増えます。

どちらかと言えば材料用ではなく、そのまま果実として食べるのに適したいちごが、春の季節には店頭に並びやすいです。

3月から5月頃には、国産の美味で生食向けの商品が店頭に並ぶので、要チェックです。

夏から秋は輸入品のいちごが活躍

一方で夏から秋の時期にかけては、野菜売り場で姿を見かけるものの、いわゆる旬の時期ではないため、冬や春の季節に比べて甘さが控えめだったり、風味や形にバラつきが見られます。

甘くて美味しいいちごを夏や秋の季節に手に入れたい時は、国産の物ではなく、輸入品を選ぶのも一つの方法です。

輸入食品の取り扱いに定評がある高級スーパーなら、夏から秋の季節にかけても高品質でお買い得な米国産のいちごが手に入ります。

特にスイーツの材料として、スムージーの材料として米国産のいちごは向いています。

大粒で一度に多くの量が手に入るので、費用対効果が良く、たくさんのスイーツを作りたい時に最適です。

こうしてみると、いちごがスーパーに並ぶ時期は、1年中であり、いちご好きの人には嬉しい事ですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする