今人気の縁結びのお守り!カップルにおすすめの神社とその理由

スポンサードリンク





恋愛や結婚または復縁等にまつわる事に、ご利益があると言われ、また沢山の方々が訪れるのが、縁結びの神様が祀られている神社です。

最近では、お守りや御朱印集めブームもあって、女性の好むデザインの手帳を作ったりと、神社側も様々な工夫をしています。

■良縁祈願

これと同意義だと認識されやすいのが、良縁祈願という言葉です。

具体的には、特定の人やものとの縁が結ばれるのを願っているのか、或いは、何かの良縁が舞い込む事を望んでいるのかという、本来は違う意味だとされています。

その意味では、特定の人や望むものが既にあれば縁結びとなりますし、それが特定されてなければ良縁結びを祈願するのが正解です。

もっとわかりやすく言うと、例えば恋愛ならカップルや片思い若しくは復縁は前者、特定の対象はいないけど恋愛がしたいとか、良い出会いを求めているなら後者という事です。

■相手と一緒に神社等へ祈願に行かないほうが良い

もう一つ注意が必要な事があるのですが、もし交際している相手がいるのであれば、一緒に神社等へ祈願に行かないほうが良いとされている点です。

その理由はいくつか言われているものがありますが、そこにいる神様が嫉妬する等とも言われていますから行くなら、別々の方がおすすめです。

■日本の代表的な縁結びの神社出雲大社

では、早速祈願しようとしたときにどこへ行けば良いのかですが、全国に沢山ある有名なスポットから、人気の場所を知っておくと良いです。

まず、発表されているほとんどのランキングの1位を獲得しているのが、島根県にある出雲大社です。

かつて目に見える幸せを生み出していた大国主というものがいて、それが今では、目に見えない幸せを司る神様として祀られていると言い伝えられていることが一つの理由です。

加えて、沢山の人が訪れるので、ご利益を受けたと口コミになるのも当然多いので、日本の代表的な縁結び神社となっています。

■縁結びのお守りカップルに人気のもの

京都の貴船神社や地主神社は、メディアでも数々取り上げられているので認知度も人気もあります。

祈願に行ったらお守りも購入するという場合も多いと思いますが、東京大神宮のお守りが大好評です。

幸せを呼ぶという花言葉から、鈴蘭の形や鍵をモチーフにしたデザインが特に女性にウケています。

阿佐ヶ谷神宮では、繊細なレースのブレスレットタイプが珍しいと人気、埼玉の氷川神社では桜をモチーフにしたものが可愛らしいと言うことで、購入されていく方はとても多いです。

祈願することで願いが叶って、ご縁が結べるのが一番ですが、お気に入りのお守りを持つことで、モチベーションが上がり恋愛成就の為に頑張れるのも、人々が買い求める由縁なのだと思います。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする