プラモデルの塗料の空きビンの正しい捨て方を紹介!

スポンサードリンク





プラモデルの作成を行うときには、塗料を使用するケースが多いですが、これを使うのであれば、正しい廃棄方法を知っておくことが大切だと言えます。

使い切ったときには、空きビンを廃棄する必要があるので、あらかじめ正しい捨て方を理解しておくようにしてください。

少量でも塗料が残っている空きビンに注意

中身が全くない状態であれば、自治体の指示に従って廃棄することができます。

その際には、内部を洗わないようにしましょう。

もしも、少量でも塗料が残っていれば、排水パイプに塗料がこびりついてしまったり、排水管を傷めてしまったりする恐れがあります。

自宅の水道でなければ良いと思うかもしれませんが、有害な物質を放出することになりかねないので、公園の水道や河川の水を使用して洗うこともやめておきましょう。

もしも、内部に塗料が残っているのであれば、可能な範囲で、取り除いておくことが望ましいです。

新聞紙などに染み込ませることによって、なるべく綺麗にしておきましょう。

乾いてしまって取り除くことができないものであれば、そのまま処理に進めて良いです。

汚れた空きビンの廃棄方法を参考にして、燃えないゴミなどとして、燃えないゴミ回収日に出すことになるケースが多いと言えます。

プラモデルの塗料が付着したビンのリサイクル回収

空きビンは、リサイクル回収を行っている自治体やお店もありますが、プラモデル用の塗料が付着したものを、リサイクルに出すことはやめてください。

汚れが付着しているものは、リサイクルの際に邪魔になってしまうことがほとんどです。

特に、有機溶媒が入っていたものは、目に見える汚れが残っていないとしても、ビンを開けたときに揮発したものを吸引することなどで、健康被害が生じる恐れもあるので、リサイクルに混ぜてしまうことは危険だと言えます。

基本的には、燃えないゴミとして廃棄することになると知っておきましょう。

プラモデルの塗料が付着したビンの捨て方に工夫

プラモデル用の塗料が入っていた空きビンの捨て方を間違っている人や、正しい捨て方を学ぼうとしていない人は少なくないです。

ひとりひとりが正しい方法を理解して捨てるようにしなければ、環境や人体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

決して難しい方法ではないので、捨てるときにはどうするべきかということをきちんと理解しておくことが大切だと言えるでしょう。

中身が残っている状態で捨てたり、リサイクルに出したり、洗浄のために水で洗い流したりすることには危険が潜んでいます。

それぞれのパターンごとに、どういった方法で捨てるべきなのか知り、適切な方法で処分することが大事です。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする