木工用ボンドが圧着されるまでの時間を短くする方法とは?

スポンサードリンク





木工用ボンドは、水分の蒸発に伴い硬化するので、乾燥を促進することで、時間短縮が図れます。

元々木工用ボンドには水が含まれており、塗布をしてから一定時間が経過して乾燥することで、酢酸ビニル同士の引っ張る力が発揮される仕組みです。

木工用ボンドの万力での圧着時間

乾燥で推奨されるのは、万力などで圧着して2~3時間の固定です。

この時の条件は20℃なので、室温を高めたり、ドライヤーで乾かすなどすれば、もう少し早く圧着されるものと思われます。

圧着工具で締め付けた後は、12時間以上20℃の環境で静置させることが推奨されます。

半日の経過で、ほぼ木工用ボンドは固まりますが、更に半日置くことで、酢酸ビニルは強固にくっつきます。

木工用ボンドの圧着時間短縮(ドライヤー・布団乾燥機)

ドライヤーで乾かす場合は、高い温度設定でじっくりと温風を当てるのがポイントです。

5分程度では水分が残りますから、特に気温の低い日は10分以上掛けましょう。

酢酸ビニルのニオイは多少気になりますが、布団乾燥機の乾いた温風を当てる方法もあります。

ドライヤーとは異なり、一度水分を減らした空気を吹き出すので、ドライヤーよりも早く乾く可能性が高いです。

木工用ボンドの圧着時間短縮(除湿機)

同様の方法に除湿機もありますし、布団乾燥機がなければ除湿機でもOKです。

ただし、温風の勢いがなければドライヤーとあまり変わらなくなるので、風量を強めに設定するのがおすすめです。

ドライヤーはドライヤーでも、冷風だと乾燥は早まりませんから、やはり温風というところが乾燥の鍵を握ります。

木工用ボンドの圧着時間短縮(ストーブ・こたつ)

ストーブの前に置く方法もありますが、燃焼時に水蒸気を発生する石油ファンヒーターは、乾燥した空気を利用する方法と比べて多少時間が掛かるでしょう。

しかし、水分を含むとはいえ温風の温度は高めですから、放置して乾かすよりも早く圧着します。

冬だとこたつの中に置いておくのも1つの手ですが、忘れて放置しないように要注意です。

木工用ボンドの圧着時間短縮(ヒートガン)

工作が好きで様々な工具を持っている人であれば、いわゆるヒートガンも、木工用ボンドを乾かすのに最適です。

ドライヤーと比べて温度が高く、ピンポイントで加熱できるのが強みです。

木工用ボンドの圧着時間短縮(アイロン)

アイロンで圧着しながら、乾燥を促進するのもありですが、対象が薄手でなければ使えない方法です。

それでも、薄手の木の板を張り合わせるなどの場合は、アイロンも有効な手段となるでしょう。

木工用ボンドは固定して温風で水分を飛ばす

木工用ボンドは量が少なくても駄目ですが、逆に多過ぎてもNGですから、対象に馴染ませつつ、薄塗りで均一に塗って密着させるのが正解です。

しっかりと張り合わせるように、固定して温風で水分を飛ばせば、やがて簡単には剥がれない接着が実現します。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする