子供の奨学金を親が返済すると贈与税がかかるのか?

スポンサードリンク





子の奨学金を親が返済すると贈与税の対象

借金の返済を親が肩代わりすると、原則として贈与税の対象となります。

親が子のかわりに借金を返済することで、子の債務がなくなります。

マイナスの財産がなくなるので、贈与と同じにみなされるそうです。

親には子の扶養義務があるので、生活費や教育費を仕送りする場合には、贈与税の対象にはなりません。

これは、必要な金額をその都度支払っているので、非課税です。

子の借金を親がまとめて一括返済する場合には、基礎控除の110万円を超えると贈与税の対象となります。

親が連帯保証人となっている奨学金のケースでも、同じです。

この記事では、例外的に贈与税がかからないケースについて紹介します。

子に返済能力がない場合と貸し借り

子に返済能力がない場合には、親が返済をしても非課税です。

返済能力がないとは、全財産を投げうっても、借金を返済できない状態です。

よほど追い詰められた状況でないと、これは認められません。

2つ目のケースとして、「贈与ではなく、貸し借りであればOK」です。

子の奨学金が500万円あったとします。

親が子に500万円を貸して、返済をしてもらうのであれば、贈与ではないので非課税です。

この場合、貸し借りであることの証拠を、しっかりと残しておく必要があります。

金銭消費貸借契約書などの契約書を作成し、定期的に銀行振り込みで返済してもらうなどです。

この2つのケースは、どちらか一方しか選べません。

返済能力がない人にお金を貸すことは、生前贈与と同じにみなされることがあります。

返済能力がないので肩代わりするのか、返済能力があるのでお金を貸すのか、どちらか1つです。

基礎控除額内の贈与

贈与とみなされても、税金がかからない方法もあります。

奨学金が500万円あったとします。

一括で親が返済をすると課税対象となりますが、基礎控除内の金額を少しずつ返済していくのであれば、税金が発生しないことがあります。

贈与税の基礎控除額は110万円です。

毎月100万円ずつを親から子へ贈与するなら、基礎控除内なので税金は発生しません。

奨学金の金利と贈与税の額との差

いかがでしたでしょうか。

奨学金は子の教育費であり、親が連帯保証人になっているので、非課税と誤解している人もいます。

うっかり親が子の代わりに大金を一括返済してしまうと、税務署に目を付けられることもあるので注意が必要です。

ここで紹介したような方法を使って、税金がかからないようにすることで節約につながります。

奨学金を借りて大学へ行く人は、基本的にそれほど裕福な家庭ではない人です。

後から請求がきてあわてないよう、頭の隅に入れておいてください。

現在は、奨学金を使って大学へ行く大学生が増えていますね。

子の負担はかけたくないと、つい奨学金を親が返済してしまって贈与税の心配が出てきてしまうこともあります。

しかし、贈与税の額によっては、親の肩代わりもありかもしれません。

将来の金利との差を考えるのも必要でしょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする