現代の大学生が留年するさまざまな理由に迫る!

スポンサードリンク





現代の大学生が、留年する理由には様々なものがあります。

大学生が留年する大きな理由はない

意外と多いのが、特に大きな理由もなく、単位を落としていて進級できなくなってしまったというものです。

どこの大学にも言えることですが、一昔前に比べて、単位は摂りにくくなっている傾向にあります。

家族が通う有名大学もそうですが、自分の大学生だった時と比べると、課題の量も多いですし、欠席した回数によっては単位をもらえない、という明確な数字が出ているので学生たちは必至です。

特に必修科目を落としてしまうと、自動的に進級できないケースも多いので、テストにパスできずに、単位をもらえなくて進級できない人は結構います。

大学生が留年する理由は授業がつまらない

何となく、留年はさぼっていて学校に行かずにしてしまうイメージが持たれていますが、大学というのは、自分の興味があるジャンルに、必ずしも通っている人ばかりではありません。

たまたま受かった学部が、そこしかなかったからそこに通っている、という人も多いです。

入ってみたら何となく自分と合わなかったり、興味がない分野で授業がつまらなくなって行かなくなった、という人もいます。

もちろんついていけなくなってテストに受からなかったり、レポートで良い成績が取れない、ということも多いのが実情です。

成績のつけ方は昔に比べるとシビアですし、楽に単位を取れる授業で埋め尽くしたつもりでも、一つくらいは落とす授業があるのが普通です。

そのくらい、最近では留年が増えていますし、決してさぼったわけではなくて授業を受けていても、テストで悪い成績をとって落第、という人も多くなっています。

大学生が留年する理由はアルバイト

又、経済的な理由で留年をする大学生も中にはいますが、これは実家からの援助が少なくて、アルバイトで生活費や学費を賄っている、という人の多いパターンです。

私立大学生などは学費が高いので、家族が多かったりすると費用が間に合わず、アルバイトを掛け持ちして通っている大学生も少なくありません。

アルバイトに明け暮れていると、授業に出られなかったり、テストで思うような成績を残せないこともあります。

アルバイトばかりしていて、留年をしてしまった、という人もおおいので、学校生活とのバランスが重要です。

なぜなら、上に上がれないと結局は、学費がもう一年分かかってしまって、経済性が悪くなるためです。

大学生が留年する理由は経済格差

毎年、どこの大学でも多くの学生が上の学年に上がれずにいますし、それほど珍しいことではなくなりつつあります。

それだけ、考査や成績のつけ方が厳しくなっている表れでもあり、経済格差があるということです。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする