大学生が買うべきなのはパソコン?それともタブレット?

スポンサードリンク





大学進学を契機に、自分専用のインターネット用のデバイス購入を、検討する方は多いかもしれません。

大学生になれば、今まで以上に、学業で調べものをする機会が増えます。

毎週のように課題を、インターネット経由で提出したり、オンライン授業に参加したり、学業に関する事務手続きをネットで済ませなければいけない等、高校時代に比べて、デバイスを利用する時間が急増します。

大学生にとってパソコンは魅力的なデバイス

パソコンとタブレットのどっちを果たして買うべきか、頭を抱える若者もおそらく多いはずです。

両方とも、大学生にとっては魅力的なデバイスであり、それぞれにメリットがあります。

パソコンを購入するメリットですが、様々な事務手続きや大学の課題作成をスムーズに行える点が大きいでしょう。

スマートフォンとは違い、物理キーボードが利用可能です。

パソコンは、様々なアプリケーションがインストールでき、無料で使えるフリーソフトも非常に豊富です。

使い勝手の良いネットブラウザや、文書作成ソフトなどがあり、またマシンスペックが他のデバイスよりも優れているため、滞りなくスピーディに作業を済ませられます。

携帯性とパフォーマンスの良いノートパソコン

大学によっては、新入生に向けてノートパソコンの購入を強く推奨しています。

授業に参加する上で必須であったり、授業の課題作成や提出に、実質的に必須であるためです。

推奨されている場合は、どっちを買うべきか迷う必要はなく、携帯性とパフォーマンスの良いノートパソコンを購入しておきましょう。

カジュアルに使えるタブレット端末

一方で、大学側から特に推奨されておらず、キャンパスライフを送る上で、特に専用のデバイスが必須ではない場合なら、カジュアルに使えるタブレット端末を、プライベート用に購入してみるのも一つの選択肢です。

タブレット端末の方が携帯性に優れ、また、インターフェースがシンプルに設計されています。

初めて自分専用のネット用デバイスを持つなら、ユーザビリティの良い製品の方が馴染めます。

特に学校側からの指定がなければ、こちらの製品が入門用には最適です。

通学用の鞄にスマートに収納できるタブレット端末

タブレット端末なら、あまりITに明るくない、文系の大学生でも情報収集に使えます。

マウスやキーボードなどの周辺機器が不要で、本体だけで様々なアプリケーションが操作OKです。

最近は公的な機関や大学のWEBサイトも、タブレット端末のブラウザアプリに対応している事が多いです。

物理キーボードはないものの、文書作成用のアプリをインストールすれば、授業のレポート作成も充分に行えます。

通学用の鞄にスマートに収納する事が出来るのも、メリットの一つであり、通学途中に動画で暇つぶしをしたり、友達とSNSでコミュニケーションをカジュアルに交わせます。

結局、大学生がパソコンかタブレットのどっちか迷ったら、大学側が指定していればノートパソコン、指定していなければタブレット端末と言えるかもしれませんね。

しかし、その人の好みもありますので、用途に合わせて決めれば良いでしょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする