大学で留年しても内定を待ってくれる会社はあるのか?

スポンサードリンク





大学を留年した場合、内定している会社は、そのまま維持することが出来るのでしょうか。

留年するとその内定を待ってくれる可能性は低い

留年をすると、確定する前に就活で企業や会社から内定をもらっていた、というときは留年することで、その内定が取り消しになるという場合が多いです。

なぜなら、その年に入社出来る人数は決まっており、留年することになれば、当然ですが入社をすることは不可能になるからです。

留年を回避する方法を考えよう

しかし、留年することが決まったからといって、そのまま諦めてしまうよりは、いくつか試してみるといい方法があります。

内定が決まった会社や企業が待ってくれる可能性はないのか、また留年を回避する方法はないのか、を確認してみることをおすすめします。

私の知り合いですが、学校と交渉することで、なんとか留年を免れたという人もいるので、留年の通知が来たからといって諦めてしまうのは早いです。

学校へ挽回出来る可能性がないのか、と確認すること以外にも、資格などを取得しているとそれが単位の代わりとなって免れる場合もあるといいます。

また、成績発表前ならばなんとか出来る場合もあるということです。

内定している会社に自分の気持ちや状態などを伝える

内定している会社や企業は、ほとんどの場合で取り消されることが多いですが、自分の気持ちや状態などを伝えることで、入社を待ってもらえる可能性もあります。

これは1年以内と決まっているところや、アルバイトとしてその会社や企業で働きながら、卒業まで待ってくれるというものなど様々です。

自分がどうしてもその会社や企業に入りたい、という熱意やその理由などをしっかりと伝え、必ず1年で卒業することを約束出来るのなら、という条件があるでしょうが、待ってくれる可能性は無きにしもあらずということです。

大学にも会社にも諦めずに一度訊いてみる

まずは慌てずに、大学や学校へ留年が本当なのかを確認してみることが大切です。

留年の通知が来ると慌ててしまい、もう無理だから諦めようと考えてしまう人もいます。

それではせっかく入社出来る可能性がある会社や企業へ、もう入ることができなくなってしまうかもしれません。

留年の通知が来ても、落ち着いて深呼吸をしましょう。

私の友人は、留年の通知が来たことに驚いて学校へ連絡したところ、ミスが発覚して謝られていました。

このようなこともあるので、必ず一度は大学や学校へ連絡をして、留年が本当かどうかを確かめておくことが大切です。

せっかく頑張ってきまった会社や企業を諦めるのではなく、アルバイトでもいいので働きたい旨をしっかりと伝えると、その熱意を買ってくれる場合もあります。

諦めずに一度訊いてみることをおすすめします。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする