反抗期の大学生の娘にむかつく時に私が取った対処法!

スポンサードリンク





子供の成長において思春期は、体も心も変化するので、親の立場にしてみると、理解するのが難しいです。

本来、親もそのような経験をしているので、子供の状況を理解できるはずですが、それとこれとは違うようです。

自分の時と全く違うと、対処できなくなるのかもしれません。

大学生の娘にむかつく時、粗大ゴミに出したくなる

大抵反抗期は、中学生から高校生までで終わるはずですが、娘は、大学生になっても変わらずに反抗期が長いです。

大学生になると周りの影響か、子供のくせに要求ばかりは一人前になってしまい厄介ですし、邪険に扱うと逆ギレしたりするので扱いに困ります。

むかつくというときれいな言葉ではありませんが、大学生になっても感謝の言葉もなく、反抗してくる娘は、粗大ゴミに出したくなるぐらいです。

娘を変える前に自分を変える必要がある

こうなると一般的な対処法は、ほったらかしにするというものになりますが、逆にわがままになって、好き放題をするようになります。

なぜ反抗するのか改めて考えてみましたが、子供の頃に甘やかしてすぎたことと、愛情不足だったように思えました。

それで、娘を変える前に自分を変える必要があることに気づいたのですが、そうするのは簡単ではありません。

でも、最後の親の仕事だと思い、自分を変える決意をしました。

無視するのではなく、とことん話しかける

まずは、自分を客観的に見るようにしましたが、自分が娘の目から見て、どんな親に見えるのか書き出してみました。

厳しいのか優しいのか、暗いのか明るいのか、どんな会話をいつもしているのか、家族に感謝やねぎらいの言葉をかけているのか、いろいろと考えました。

日本人は以心伝心が好きで、言わなくても通じるみたいなのが好きですが、実際のところ言わなければ何も通じません。

それで、無視するのではなく、とことん話しかけるようにしました。

一緒にすると自然と会話が弾む

質問攻めにするのではなく、自分の思ったことや感じたこと、その日にあったことを話すようにしましたが、なるべく楽しく話すように意識します。

そして、子供が聞いて楽しい話題を話すようにします。

他には、家の用事をなるべく頼むようにしました。

食事の手伝いや掃除など、一緒に行えることがあれば、とりあえず声をかけて、手伝ってくれれば良しとして、手伝ってくれなくても気にしないようにしました。

何かを一緒にすると自然と会話が弾むものですし、達成感を味わうことも出来ます。

同じ時間を共有することは、すごくいいです。

子供の頃からしていたら、もっと良かったのでしょうが、そこまで余裕がなかったのでしょう。

時間が経つにつれて、いつのまにか大学生の娘にむかつくことは無くなっていました。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする