大学生になって始めた歯の矯正。これって遅い?

スポンサードリンク





幼い頃から歯並びが悪く、そのまま大学生になった方も全国には大勢います。

大学生になった時には顔の見栄えを非常に気にする方が多く、少しでも異性に興味を持つようになった年齢では、今までとは異なり歯の矯正を希望する方も存在しています。

大学生の歯の矯正は遅くはないです

歯の矯正はクリニックにより違いはありますが、永久歯に生え変わる前から施術する方法と、永久歯に生え変わった段階で施術を受ける人、中学生から高校生の間に綺麗な歯並びにする方が圧倒的に多い傾向にありますが、歯の矯正に関しては実際には年齢は関係せずに利用することはできます。

大学生の年齢では19歳から22歳までが基本となりますが、十分に治療を受けられる年齢でもあり、決して遅いということはありません。

社会人になる一歩手前の段階なので様々な手法で治療を受けられることは間違いはありません。

成人を過ぎても大学生は列記とした学生として生活を送っているので、4年間もあれば殆どの症例で綺麗な歯並びを実現できます。

あなたに合った矯正方法を選びましょう

施術の方法は金属の器具を使って歯の表面に金具を装着して治す方法があれば、目立たないように透明素材のワイヤーを使って歯の表面に取り付ける方法、他にも歯の裏側に対して金具を装着する方法から、マウスピース型の矯正方法も利用できるので、毎日の生活に合わせて最適に感じる方法で治療は受けられます。

最も短期間で済ませられる方法は歯の表面に金具とワイヤーを装着する方法ですが、この治療法では他人の視線が気になります。

大学生として生活を送っている分には何ら問題はありませんが、アルバイトをしていてお客様と対面するような仕事をしている方は、目立ちにくい他の方法を選択することで問題はクリアできます。

治療期間はどの位の期間がかかるの

元々の歯並びにより治療期間は大きく変動することになり、少しの歯の移動であれば半年程度で十分に治せることが目立ちます。

一方で歯並びが凸凹の状態や出っ歯を治したい方、受け口を治したい方はそれなりの年数は掛かり、状態次第では手術が必要とされる場合もあります。

このような方は長期的なプランで治療を進めることが必要になるので、大学生でも早い段階で治療をすることが最も良い行動です。

大学生の歯の矯正、まだ遅くないですよ

大学生の年齢でも歯の矯正を受けることに対して遅いということは全くなく、現実に社会人になってから治療を行っている方も大勢います。

大学生として生活をしている期間は、社会人と比較をしても想定できる弊害は非常に少ないと判断できるので遅いと考える必要はありません。

後伸ばしにしてしまうと、マウスピース型を利用することが必要になることも目立つので、早期に理想的な歯並びにしたい方は早めの利用は推奨できるのではないでしょうか。

大学生の時こそ自由な時間を利用して歯の矯正をする事は、決して遅いということはなく、付き合っている人も理解してくれると思います。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする