奨学金を借りていたのに中退してしまった。返還はいつから?

スポンサードリンク





奨学金利用の大学生が大学を中退した場合

奨学金を借りていたのに、通っていた大学を中退してしまったら大変です。

最終学歴は高卒になりますから、大卒の人向けの求人には応募できません。

人生で一度きりのチャンスである新卒採用枠も利用できないので、下手をすると高卒で働いていたほうが、良い企業に入れたということになります。

何百万円という奨学金(借金)を返していくのは大変になるかもしれません。

だからといって、計画的に返していかないと人生が狂う可能性が高いです。

この記事では、奨学金を借りていたのに、大学を中退してしまった場合に、返還はどうなるかを紹介します。

奨学金を止めるには

日本学生支援機構の奨学金には猶予制度があります。

猶予期間は最長で10年ですので、結構長いです。

また、大学中退の手続きをしても、奨学金は自動的には止まりません。

奨学金を止めるには、異動願(届)を出す必要があります。

異動願(届)を出さないと、毎月の振り込みが継続されますが、本来なら受け取ってはいけないお金なので、後で一括返済しないといけなくなります。

なので、早めに異動願(届)を出してください。

連帯保証人である親には迷惑をかけられない

その2か月後くらいに返還確認票が送られてきます。

これによって、借りたお金の総額・利子・総支払い額などがわかります。

もしも自分で返せなくなったときには、連帯保証人に迷惑がかかる事になります。

連帯保証人には、親がなっているケースがほとんどでしょう。

アルバイトなどしていれば良いですが、何も働いていなければ、当然、連帯保証人である親のもとに返還の請求がいく事になります。

最初の引き落とし日については、返還確認票に書かれていますが、基本的に翌月からとなっていると思われます。

奨学金返還の返還期限猶予

返済が難しい人は、返還期限猶予を利用しましょう。

返還期限猶予を利用すると、最長10年間返済を猶予してもらえます。

その間は利子もつかないので、デメリットはありません。

ただし、最長で10年しか利用できないので、それを使い切ったらもう後がなくなります。

「免除」の制度もありますが、「死亡又は重度の精神・身体の障害」が条件なのでほとんどの人はあてはまりません。

大学中退は思いとどまって

このように、奨学金を借りていた人が大学を中退すると、返還がとても大変な状況になります。

とある調査によると、借入総額の平均は320万円程度、平均月額返済額は1万6千円程度になるそうです。

これだけの借金を返済していくためには、相当の覚悟が必要になってくると思います。

大学を中退するには、いろいろな事情があるでしょう。

しかし、奨学金を利用してまでも頑張って入学した大学。

何度でも良いので、いろいろ考えてみることも必要です。

もし、入学した学部が合わなかったら、他の学部に変わるなども良いでしょう。

若いのだから、1年位留年しても良いのではないでしょうか。

大学を中退する事は簡単です。

でも、そこで踏みとどまって、見つめ直すことも大事ですよ。

次の行き先が決まっていないのなら、大学中退は思いとどまってほしいです。

奨学金を利用しながら、大学で学んでいたのに、中退して奨学金の返還に苦労してほしくはないです。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする