奨学金を借りながら違法アルバイト・・・親に嘘がバレた

スポンサードリンク





学費というのは学校で勉強するには必要なものです。

一定の収入源がない学生には、学費を用意することがとても難しいですね。

家庭によっては、子供の学費を工面する余裕もなく、泣く泣く学校へは行かずに、就職するという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時に、大変便利なものが奨学金です。

奨学金で学費の心配は不要

奨学金とは、経済的な理由で修学が困難な優れた学生に学費の貸与を行い、学生が安心して勉学に専念できるように作られた制度です。

もちろん借り受けるものなので、後々返す必要がありますが、修学している間は学費の心配は不要となります。

しかし、修学中に必要なものは学費だけではなく、衣食住にかかわるすべての物にも、お金が必要です。

学生であれば、サークル・部活などにも参加し、その活動費も必要になってくるかもしれません。

奨学金だけでは足りないときにアルバイト

そんな時は奨学金だけでは足りないため、アルバイトなどをし、お金を工面する必要があります。

アルバイト。

お金を工面するためには、必要な行為ではあります。

奨学金の申請書にアルバイトも記入

奨学金を申請する場合、その申請書類にもアルバイトをしていればそれを申告しなければいけないので、その経歴を記載する欄が設けられています。

これは、その収入があれば学費を賄えるのではないか、というのを確認するためにあるもので、本来であればきちんと書かなければなりません。

そうすることにより、よりその奨学金制度が、必要な学生へお金を回すことができるからです。

奨学金とアルバイトは両立しない

ですが、親などにアルバイトなどを黙ってやっている人は、その嘘がばれてしまう可能性があります。

中には年齢制限などで違法なバイトもあり、それがばれてしまう可能性があるのです。

昨今は、日本学生支援機構の申請書類ではマイナンバーを記載する欄もある。

そのため、嘘偽りのないきちんとした書類を作成・提出しなければなりません。

その結果、アルバイトをしていたことについてばれてしまう可能性が高いでしょう。

結局は、奨学金とアルバイトは両立しないということでしょうか。

奨学金にそぐわないアルバイトは清算

そんな時、学生と親との修羅場を再現してしまうのは、とても容易に想像できます。

アルバイトをすること自体はとても良いことです。

しかし、後々になって面倒な事になる前に、今の奨学金にそぐわないアルバイトは清算する必要性があるでしょう。

奨学金とアルバイトの関係性を清算

幸いなことに継続申請の際に実家に手紙が届き、親にばれる可能性は薄くなると考えられます。

奨学金の申請書類に、アルバイトしていても嘘を記入する又は申請しないでおくということもできるかもしれません。

しかし、日本学生支援機構も銀行口座の調査をする権限があるため、最悪の場合には、奨学金の提供を停止する可能性もでてきます。

そうなってしまえば、なぜ停止されてしまったのかということが親子間で議題に上がり、アルバイトをしていたことが明るみに出ることでしょう。

何かしら心辺りのある方は、今のうちに、奨学金とアルバイトの関係性を清算しておくことが良いのかもしれません。

奨学金とアルバイトの両立を応援

個人的には、苦学生という古い言葉を使いますが、奨学金をもらいながらも、生活の為にアルバイトで頑張りながら勉強している姿は素晴らしい事だと思います。

日本で学んでいる留学生は、奨学金は利用できないかもしれませんが、アルバイトで頑張って生活費を稼ぎ、勉強で頑張っています。

奨学金を利用しているからといって、アルバイトしている事を嘘までついて隠すのは何かしっくりこない気もします。

奨学金をもらっていても、アルバイトも頑張り、勉強も頑張る、そんな学生を応援したいですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする