高校受験の受験勉強は冬休みからでも逆転できる!?

スポンサードリンク





高校受験の受験勉強に遅れても、冬休みの過ごし方に気をつければ、いくらでも逆転するチャンスはあります。

高校の受験日まで一月足らずである、最後の追い込みである冬休みは、勉強したことを忘れないうちに試験で発揮できる時期です。

過去問や得意分野を伸ばそう

過去問や得意分野を伸ばすことで、他の受験生に追いついたり、追い越したりできます。

過去問は、受験勉強では欠かせないところなので、何度も解き直して対策しましょう。

過去に出題されたということは、同じような問題が、次も出題される可能性が高いということです。

当てずっぽうで、問題を予想するのとは全く違います。

過去のデータを知ることが、自分にとって大切な試験を知ることになります。

同じような問題を過去問で体験していれば、本番の時に冷静に解き始める余裕もできます。

何より周りも過去問は一通り履修しているため、遅れを取らないように済ませておくべきです。

間違えたところや理解できないところは、学校や予備校の先生に、質問して分かるまで取り組みます。

高校受験の冬休みの逆転は得意分野を伸ばすこと

得意分野を伸ばすことに関しては、苦手分野を克服することよりも重視しましょう。

確かに、苦手分野があるとその分、周りと差が付きますが、冬休みは最後の追い込みなので克服している時間がありません。

それよりも得意としている科目や出題形式を、完璧にこなしていく方が効率が良いです。

苦手分野に集中していると、時間だけが過ぎて、何も成果を得られないこともあります。

焦りや不安は大敵なので、できることを当たり前のように正解して、成功体験を積み重ねます。

そして時間や心に余裕ができた時に、苦手分野も1問くらいこなせるようになれば、試験の総合点数は必然的に上がります。

得意分野を伸ばすことこそ、高校受験で冬休みで逆転する絶好の機会です。

本番で力を発揮できなければ志望校に合格できない

冬休みにやるべきことを詰め込みすぎると、体力も精神も削られて、万全な体制で本番を迎えることができません。

早い段階からコツコツと頑張ってきた受験生に多いのが、プレッシャーで体調を崩してしまうことです。

どれだけ成績が良くても、本番で力を発揮できなければ、志望校に合格できない可能性があります。

遅れを取り戻すように、闇雲に頑張るのは危険なことで、体調管理を怠らないように勉強しなければなりません。

周りのピリピリした雰囲気に飲まれないように、ほどほどを意識しながら勉強しましょう。

心が疲れてしまうと、風邪やインフルエンザなどにもかかりやすくなるため、勉強が上手くいかない時は、割り切って休日にするのも良い方法です。

冬休みをたまに休んでしまっても、即不合格につながるわけでないと楽観的に考えましょう。

高校受験の時の冬休みで逆転できるからと言っても、体調こそが一番大事です。

本番で一番の力を発揮できる中学生が、合格に近づきます。

そんなに緊張せずに、ポジティブに考えて、リラックスした気持ちで受験勉強をしていきましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする