クリスマス会の飾り付けを手作りで!幼稚園児でも作れるもの特集

スポンサードリンク





自宅でクリスマス会を開催する際には、クリスマスらしさが感じられる飾り付けを行いたいものです。

お子さんがいる場合には、子供にも飾りを手作りしてもらうようにしましょう。

飾り付けから参加することで気持ちも盛り上がりますし、アットホームな雰囲気になります。

クリスマスの飾り付けを折り紙で手作り

おすすめなのは、折り紙で作ったリースになります。

まず、リースの土台となる部分は、先端を尖らせた四角に折って、両面テープで貼り付けていくだけでできます。

そこに折り紙で作った色々なモチーフを貼り付ければ完成します。

モチーフには、ブーツ・トナカイ・サンタクロース・キャンディースティック・キャンドル・帽子等があります。

幼稚園児でまだ上手く折れないという時には、絵を描いて貼り付けたりしても大丈夫です。

折り紙だけで作れるのが大きなメリットになります。

クリスマスの飾り付けを松ぼっくりやどんぐりで作る

それから拾ってきた、松ぼっくりやどんぐりを使ったオーナメントもおすすめです。

トイレットペーパーの芯にフェルトを巻き付けて、ワイヤーを通します。

色画用紙で顔を作り、羽根を付ければ天使のオーナメントが出来上がります。

松ぼっくりやどんぐりを飾ると、よりクリスマスらしさが感じられます。

クリスマスまでのカウントダウンをアドベントカレンダーで行う

その他には、画用紙や折り紙で作ったアドベントカレンダーもあります。

クリスマスまでの日数分のサンタブーツを折り紙で作り、画用紙などに貼り付けたら完成します。

サンタブーツの中にキャンディを入れておき、毎日1つずつ食べるといったことができます。

カウントダウンを行うことができるので、イベントまでの気分を多いに盛り上げられます。

クリスマス会の際には、立派な飾りつけの一部になります。

アドベントカレンダーは、布などで作る事もできます。

サンタクロースやツリーなどを牛乳パックや空き箱で作る

そして、牛乳パックや空き箱で作る、サンタクロースやツリーなどもおすすめです。

牛乳パックに色画用紙などを貼り、ツリーに見立てて飾りつけをしていくことができます。

リボンを飾ったり、星の形に切った色紙を貼り付けたりすると可愛らしくなります。

サンタクロースを作る時には、赤い折り紙を貼り付けて洋服を作ります。

白い綿でヒゲにしたり、雪のようにアレンジすることもできます。

顔のパーツを貼り付ければ、サンタクロースが出来上がります。

お菓子が入っていた空き箱や牛乳パックなどは、簡単に手に入る材料なので、幼稚園児でも手軽に作ることができます。

細かいパーツなどは切るのが難しいかもしれないので、大人がサポートしてあげるとスムーズに進められます。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする