サンタクロースから手紙がもらえる!おすすめの国(団体)を比較

スポンサードリンク





サンタクロースからの手紙を日本に送ってくれる団体を比較

童話の世界では、クリスマスになると赤い服を着て、赤い帽子をかぶり白い髭を生やしたサンタのおじさんが登場します。

数頭のトナカイは、彼が乗っているそりを引っ張り、雪の中を駆けてきて子供が眠っている時に、子供の枕元にやって来て枕元にクリスマスプレゼントを置いて去っていく、そんなことを子供の頃に信じていた人も少なくないでしょう。

サンタは、物語の世界だけに登場するもので、実際には存在しません。

しかし、まだ小さい子供には、サンタが実在することを信じさせてあげたいものです。

サンタの発祥の地である北欧のフィンランドでは、サンタからの手紙を日本に送ってくれる団体があり、この活動を行っている団体を比較してみます。

サンタクロース村

①サンタクロース村、価格1550円(税込み)発送時期は12月11日頃で、日本に到着するのは12月21日頃になります。

手紙のタイプは平仮名、漢字とかなまじり、動画付き、英語のものなど多種類です。

100字以下のオリジナル文も書くことができます。

国際郵便で発送します。

申込締切は国際郵便なら12月10日で、メール便なら12月中旬まで申し込みが可能。

決済はクレジット・郵便振替

サンタクロース大使館

②サンタクロース大使館、価格1500円(税込み)、12月18日頃から発送します。

ヤマト便・ネコポスによる発送で、手紙の種類は幼児用、子供用、一般用と分かれ、また英語か日本語かに分かれています。

オリジナル文は60字まで書くことが可能。

申込締切はクレジットカード・コンビニは12月19日まで入金し、ゆうちょ銀行(郵便振替では12月12日まで入金)です。

決済はクレジットカード・コンビニ支払・ゆうちょ銀行振込。

サンタクロース協会

③サンタクロース協会、価格は1600円(税込)、手紙の種類は幼児、子供、一般と分かれていて日本語か英語かを選べます。

この他にプレゼント付きも選べます。

オリジナル文は30字まで書けます。

配達時期は専用ハガキが12月21日頃に到着します。

国際郵便での発送で、申込締切は12月1日です。

決済はクレジット・郵便振替です。

サンタクロースから手紙は発送元がサンタクロース村郵便局

三つの団体はすべて発送元がサンタクロース村郵便局であり、フィンランドのクリスマス切手が貼られて消印が押してあります。

宅配便で届く場合は、封筒だけを子供に渡せば、いかにも外国から直接送って来たようになります。

クリスマスの時期に、サンタからの手紙を受け取った子供は、大喜びをすることが間違いありません。

今年のクリスマスは、夢があるプレゼントを贈ってみては如何でしょうか。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする