気になる七五三のお祝い金のこと!兄弟に送る時のマナー

スポンサードリンク





七五三といえば代表的なお祝いの1つですが、お金のことを考えると、急に現実に引き戻されるものです。

七五三のお祝い金兄弟に送る時のマナー

特に、兄弟に送る時のマナーを把握しておかないと、険悪な雰囲気になったり、関係性に影響をきたす恐れがあります。

七五三のお祝い金はあくまでも贈り物の一種で、物をプレゼントとして贈ることもできます。

ただ、用途を考えて使えるお金の方が喜ばれるのも確かですから、何かと迷いがちなプレゼント選びをせずに済むことも合わせて、現金が選ばれるケースは少なくないです。

一般的に相場は、最大でも3万円くらいが目安となっています。

友人や知人であれば数千円程度ですが、親戚や家族となれば5千円以上を用意するのが基本です。

甥や姪といった親類であれば、5千円から1万円の間で検討するのが良いでしょう。

肝心の兄弟についてはこれらの相場を参考に、いくらにするか決める必要があります。

経済的に厳しいなどの理由があればこの限りではないですが、理由もなく低めに包めば、ケチと思われても不思議ではないです。

七五三のお祝い金のご祝儀袋

七五三のお祝いはご祝儀なので、ご祝儀袋を用意してその中に入れることが不可欠です。

ご祝儀袋は熨斗のついたものを選び、祝七五三や七五三御祝と書いて渡すことになります。

単に御祝でも祝福を意味しますが、より拘りたいなら年齢に合わせて決めましょう。

7歳には御帯解御祝・祝御帯解・賀御帯解、5歳には御袴着御祝・祝御袴着・賀御袴着といった表記が使えます。

3歳だと御髪置御祝・祝御髪置・賀御髪置で、いずれの表記もおめでたい意味を持っています。

ご祝儀袋の選び方は紅白蝶結びの水引がポイントで、デザインは特に限定されずに選べます。

結び直せる蝶結びということから、紅白蝶結びの水引には何度でも嬉しいお祝いという意味があります。

ご祝儀袋を用意したら、水引きの下に相手の下の名前を書き入れましょう。

七五三のお祝いのマナーを守ろう

お金だけだと味気ないので、一緒にプレゼントを贈るのも手ですが、縁の切れ目を連想させるハンカチや刃物はNGです。

割れやすい品物も不向きですから、ガラスでできている贈り物も避けた方が無難です。

それと、死を思わせる4や無を意味する6、苦と読める9は不吉なのでタブーです。

ご祝儀袋に入れるお祝いも、これらの数字だと縁起が悪いですから、4と6や9は避けて入れましょう。

熨斗の内袋には中身がいくらか書くのがマナーですから、中身を確認した上で忘れずに書くことが大事です。

数字は漢数字で、例えば1なら壱10なら拾で万は萬、円は圓と書きます。

他にも、筆記具はボールペンやサインペンではなく筆ペンなどを使い、使い古しではなく新札を用意するなどのマナーを守ることが大切です。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする