七五三はいつから始まったのだろう!その由来を紐解いてみた

スポンサードリンク





女の子は7歳と3歳、男の子は5歳で「七五三」のお祝いをしますが、これはいつから始まったのでしょうか。

七五三の由来は平安時代

七五三の由来は、平安時代に行われた儀式だと言われています。

3歳の「髪置き」5歳の「袴着」7歳の「帯解き」が起源で、この年齢がそのまま使われています。

昔は子どもの死亡率が高かったので、この節目に子どもの健やかな成長を祝うと同時に、元気で長生きするようにと祈願します。

七五三3歳の儀式

平安時代は、赤ちゃんは髪を剃って坊主頭にするのが一般的でした。

3歳になると髪を伸ばし始めるので、「髪置き」はその節目を祝う儀式です。

頭の上に糸製の綿白髪を乗せて、末永く元気に生きるようにと祈ります。

白髪になるまで長生きするように、という親の願いがこめられているのです。

七五三5歳の儀式

5歳の「袴着」は着袴(ちゃっこ)とも呼ばれ、子どもが初めて袴を着るときに行い、碁盤の上で吉方を向いて袴をつけます。

平安時代は公家の風習で、当初は男女ともに行われていましたが、次第に武家に広まり、江戸時代には男児のみで5歳に行うようになりました。

七五三7歳の儀式

7歳になると、紐付きの子どもの着物ではなく、帯を締めて着る、大人と同じ本裁ちの着物を着るようになります。

大人と同じ着物を着られるほどに成長したことを喜び、祝う儀式として行っていました。

現在の七五三のお祝いをする時期

室町時代までは、男女とも9歳ごろに行われていましたが、江戸時代のころから、7歳の女の子の行事になりました。

江戸時代ごろに定着した、3歳と7歳で女の子、5歳で男の子の成長を祝う儀式が、今もそのままの年齢と性別で続いているのです。

ただし、昔は「数え歳」で儀式や行事を行うのが通例でした。

でも、現在は今の年齢の考え方でお祝いするのが一般的です。

たとえば、女の子は小学1年生で7歳になります。

七五三のお祝いをする時期(一般的に11月15日ごろ)に、6歳でもお祝いする家庭もあります。

でも早生まれで「7歳になってから七五三を祝いたい」と考えて、小2で七五三を祝う家もあるようです。

それぞれの家の考え方でよいので、「こうしなければいけない」ということはありません。

特に3歳のお祝いのときは、まだ小さいので着物を着てお参りしたり、写真撮影をするのは大変です。

子どもがぐずったり、着物をいやがることもあるし、笑顔で写真が撮れなかったりします。

それよりは1年待って、翌年にお祝いする方が、親子ともに負担が少ないでしょう。

また、兄弟がいるなら年齢だけにこだわらず、皆で着物姿で写真を撮ったり、お祝いする方が子どもも楽しいし、親の負担や出費もおさえられます。

お祝いは11月15日ごろが一般的です。

地元の神社にお参りして、健やかな成長を祈り、ときには祈祷してもらうのもいいでしょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする