紅葉狩りデートは付き合う前のカップルにピッタリ!

スポンサードリンク





紅葉狩りデートを付き合う前の候補に加える

付き合う前のデート先は、慎重に選ばなければなりません。

交際がスタートしてからであれば、お互いの好みや考え方が分かっているので、失敗は少ないでしょう。

しかし、その段階に達してない相手と、十分に楽しめる場所を選ぶのは意外に難しいものです。

もし迷っているなら、紅葉狩りデートを付き合う前の候補に、加えると良いでしょう。

紅葉狩りデートが、付き合う前の2人にぴったりである理由は、大きく2つに分かれます。

相手の心理状態を読んで誘いやすい

1点目の理由は、相手の心理状態を読んで、誘いやすいことです。

具体的なスポットによって変わりますが、多くの場合は、かなり長い時間を一緒に行動することになります。

日帰りで行くバス旅行のプランであれば、朝から晩までかかるケースも珍しくありません。

そのため、誘って承諾された時点で、少なくともプラスの感情を持たれていることが分かります。

それだけの時間を費やしても、惜しくない相手と認識されているというわけです。

また、季節的なイベントなので、声をかけやすいことも関係しています。

きっかけを掴みやすいので、気軽に誘って、相手の反応を確かめることが容易です。

普段のデートであれば、誘うこと自体に、大きな意味があるように思えて難しいという人もいます。

そのようなハードルが低いことは、とても大きなメリットです。

少しの工夫によりデートを盛り上げやすい

2点目の理由は、少しの工夫によりデートを盛り上げやすいことです。

まだカップルでない場合は、どのような演出を喜んでもらえるのか、分かりにくいでしょう。

紅葉狩りは、いろいろとアレンジできますし、たいていの人には、日常から離れた楽しいイベントとして認識してもらえます。

自然が好きそうな相手であれば、特に工夫をしなくても十分かもしれません。

そうでない場合は、夜間の訪問を狙ってみるのも一つの手です。

なぜなら、ライトアップにより、視覚的な演出を楽しめるスポットもあるからです。

昼間の健康的な紅葉狩りとは異なり、ロマンチックな雰囲気のなかで楽しめます。

運動が好きな相手であれば、ハイキングの要素を重視するという手もあります。

車やバスでいきなり現地まで行くのではなく、周辺の駐車場から散策しながら、訪れるプランを立てましょう。

程よい疲労感を覚えながら、自然のなかで食べる果物は、格別の味わいがあります。

以上の2点により、紅葉狩りデートが付き合う前のデート先に相応しいですが、もう1点だけ忘れてはいけないことがあります。

デートが終わった後は、距離を縮めるために、メールやメッセージを送っておくことが大切です。

紅葉狩りの感想を織り込みながら、相手に感謝の気持ちを伝えましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする