リスがどんぐりでケーキを作るかわいい絵本が話題!?

スポンサードリンク





秋の味覚といえば、たくさんの美味しい食材が揃う季節で、ついつい食べ過ぎてしまうということはないでしょうか。

色んな食べ物が美味しいということでもありますが、特に秋という季節は色んなものの収穫の時期であることも影響しています。

季節ごとに連想する食べ物

春に種を植えたものが、夏に育って秋に収穫されるという、日本の四季も関係していそうです。

日本の四季は、景色も季節ごとに変化させていき、春と言うとイメージで桜のイメージが強くなっています。

夏というと海であったり、食べ物だとスイカで、祭りなども多く、中でも花火大会なども夏に開催される事がほとんどです。

秋は高級な食材でいうと、松茸などが連想されますが、栗などのお菓子のモンブランなども、秋にはデパートのケーキ屋さんでフェアなどが行われる事が多くあります。

冬はというと雪景色に合う食べ物として、餅などもあります。

どんぐりのケーキの絵本

このような感じで、季節ごとにそれぞれ連想する食べ物がたくさんあって、特に秋はその食材というのが多くて、味覚の秋というのは本当にその通りだと一般的に感じられます。

どちらかというと、人恋しくなる季節は冬で、寒さと共に寂しい気持ちになるようですが、本当の意味での人恋しさというのは、秋なのではないかともいわれていたりします。

その人恋しくなる季節に、子供に読み聞かせをする絵本に関しても、秋になるとリスがどんぐりのケーキを作るという可愛くて美味しそうな絵本などが書店に何冊も並びます。

どんぐりの種類

どんぐりというと、リスとかだけが食べるものだという認識がありますが、美味しいと言われている、イベリコ豚などは、どんぐりだけを餌にしているから、美味しい豚になるとまでいわれています。

このどんぐりというのは広義としていうと、ブナ科の果実全体を示している場合が多く、特に堅い果皮を持つ果実のことを堅果と呼ぶそうで、この堅果に覆われているいるものを殻斗といって、別名をわかりやすく帽子とか、はかまという名前で呼ばれています。

日本にあるものだけでも、何種類かあって形態も少しずつ違うそうです。

ブナ属というのは基本果実が2個付いていて、しずくの形をしていて、コナラ属というのは、どんぐりというのをイラストで表す時に出てくるものと似ています。

クリ属は、名前の通り殻斗が針状のトゲで包まれたイガとなっていて、中には3個の果実が入るタイプと一個の果実が入るタイプとがあって花も咲きます。

このように同じものでも、果実の形であるとか、個数であるとかが違っていて個性的です。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする